札幌 建設業許可申請代行|建設業許可の新規・更新・変更・決算報告を代行いたします。解体工事業登録もおまかせ下さい。|札幌市の行政書士事務所です。

FrontPage

建設業許可の取得について

当サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

このページをご覧の方が建設業界の方であれば申すまでもありませんが、一定規模以下の建設工事、または一定金額以下の建設工事を行う場合、建設業許可は不要です。

しかし、建設業を営まれる方にとっての「建設業許可」は、専門業者としての対外的な信用を得るための手段として考えた場合、必要不可欠ともいえます。

最近では、元請業者さんの下請業者さんに対する「建設業許可業者との優先取引」が多くなっているようですし、また軽微な工事でも、注文者側が許可業者を選択する、というケースも増えているようです。

社会全体の流れとして、注文者(消費者)側が事業者を選択する前提として、営業許可や事業登録等のチェックを行う風潮が、建設業以外の異業種も含め、少しずつ大きくなっている感があります。


建設業許可取得のメリット

建設業許可を受けた場合に得られるメリットとしては、

  • 対外的な信用を得る
  • 請負契約をスムーズにする
  • 取引先の拡大

などが考えられます。
これらの点を考慮しますと、やはり許可を取得した方がよいであろうことは、わざわざ申し上げるまでもありません。

しかし、いざ「建設業許可の申請」となると、クリアしなければならない要件が様々あり、また、申請にあたっての必要書類も多岐に渡ります。

特に、「経営業務の管理責任者」や、一定の資格(免許)をお持ちでない方を「専任技術者」として選任する場合などは、許可要件を満たしていることを証明する書類の収集や整理は、非常に大変な作業となる場合もございます。

これらの事務作業を行う方がいらっしゃればよいでしょうが、「日常の業務が忙しすぎてとても手が回らない」、「人手不足」、「経理事務の担当者のみ在籍」という事業者様も多くいらっしゃいます。


煩雑な事務手続きを代行いたします。

許可申請をご検討されるにあたり、上記のように事務作業を行う方がいらっしゃらない場合には、是非一度お問い合わせを頂きたいと思います。

お客様とご一緒に要件確認を行いながら、手続に必要となる書類や、お客様にご協力いただく事項などについてご案内させて頂きたいと思います。

その時の弊所の対応やご案内について納得して下さいましたらご依頼ください。


お問い合わせください

お電話またはメールにてお問い合わせください。

お電話によるお問い合わせは、月曜日から土曜日の午前9時より午後7時まで承っております。
日曜祝日は休業とさせて頂いておりますが、あらかじめのお打合せにより対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

また、メールによるお問い合わせは、メールフォームがございますので、こちらもお気軽にご利用ください。




powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional