札幌 自動車名義変更代行|自動車のナンバー変更|北海道札幌市の行政書士事務所です。札幌市内と近郊地域での自動車手続きを代行いたします。

自動車のナンバー変更


こちらのページは、ナンバープレートの取り付けについてご案内をしております。引越や譲渡などで、自動車登録の管轄変更を行う場合の手続きにつきましては、「名義変更」または「住所変更」のページをご覧ください。


ナンバープレート変更の場合

現在のお車のナンバーが札幌以外の場合は、札幌ナンバーに変わります。

ナンバーが変更になる場合はプレートに封印を受けなければなりませんが、弊所では自動車のお預かりや出張封印を行っておりませんので、ナンバープレートが変更となる手続きの場合は、お客様にお車を陸運支局等へ持ち込んで頂き、封印を受けて頂く必要がございます。
希望ナンバーを利用される場合や、現在のナンバーを変更(同一管轄内)する場合も同様となります。


字光式ナンバーをご希望の場合

字光式ナンバーをご希望される場合は、照明器具が必要になります。
この照明器具は、ナンバープレートの封印作業を行う前までに、お客様によってご用意(購入)・取り付けされている必要があります。
※この照明器具は、国土交通省の承認を受けたものでなければなりません。


ナンバープレートの取り外しに関するご注意

プレートの取り付けボルトが錆で腐食している場合は、取り外し時に折れてしまうことがあります。
特に、封印をするリア側のボルトが折れた場合は、整備工場等へ修理を依頼して頂くなど、その場で対応して頂かなければなりません。
ですので、プレートの変更を伴う手続きの場合は、事前に取付ボルトの錆(腐食状態)や、ネジが動くか(まわり具合)をご確認ください。(封緘がついているボルトの状態は確認できませんが、雨等が直接当たらない分、比較的錆による腐食が少ないようです。)

特に、年式の古い車両や海沿いの地域で使用された車両は要注意です。

以下の写真は、プレートを取り外すときにボルトが折れてしまった状態とその対処作業です。折れたボルトも掲載しておりますので、錆具合をご覧下さい。

この時は、お客様ご自身がボルトの切断部にドリルで穴をあけ、プレートを取り付けられました。

車両販売店からお車を購入される場合はともかく、個人間での譲渡や住所変更に伴ってナンバープレートの付け替えが必要な場合で、掲載写真のようにボルトが錆びているのであれば、ボルトが折れたときの対処も検討しておく必要があります。


ナンバープレート ボルト破損事例 写真



powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional