公正証書、借用書(金銭消費貸借契約書)、債務承認弁済契約書、金銭準消費貸借契約書の作成を代行致します。|全国対応|北海道札幌市の行政書士事務所です。

金銭貸借の契約書・公正証書の作成料金ご案内


契約書(私文書)の作成料金

公正証書ではない私製契約書の作成料金は、借用書(金銭消費貸借契約書)は10,000円、債務承認弁済契約書・金銭準消費貸借契約書は15,000円となります。※収入印紙代は含まれておりません。
なお、債務承認弁済契約書・金銭準消費貸借契約書の場合、既存債務の特定が複雑で多岐に渡る場合は別途料金ご提示となります。

契約書の納品は原則としてワードファイルをメール添付して送付する方法となります。郵送をご希望の場合は別途送料(郵便局のレターパックプラス)をご負担いただきます。

お申込みの流れはこちらをご覧下さい。


【料金表】

契約書種別料金(税込)備 考
・金銭消費貸借契約書10,000円借用書
・債務承認弁済契約書20,000円~借用書を作成していなかった場合や既存債務の弁済方法を変更する場合などに利用します。
・準消費貸借契約書既存債務をまとめる場合にも利用できます。
・返済計画表5,000円~
・郵送料実費郵送納品をご希望の場合


公正証書の作成料金

公正証書の作成は、お客様(当事者全員)が公証役場へ出頭できる場合と、弊所がお客様の代理人として公証役場へ出頭し、手続きを完結する場合の2通りを選択できます。お客様のご都合に合わせてお選びください。

公正証書の作成料金は以下表の通りですが、このほか、公証役場手数料と収入印紙代が必要になります。なお、公正証書手数料は原案が確定しなければハッキリした費用を算定できませんので、概算例を以下に表示しております。
個別にお知りになりたい方は次のページをご覧ください。
  案内表示 公証役場手数料

お申し込みの流れはこちらをご覧ください。


【料金表】

公正証書の種別料金(税込)備 考
・金銭消費貸借契約公正証書30,000円~
・債務承認弁済契約公正証書50,000円~
・準消費貸借契約公正証書50,000円~
・代理人出頭(1名)15,000円
・債務者、連帯保証人加算
(1名)
3,000円弊所が債務者又は連帯保証人の代理人となる場合の、本人の意思確認手数料です(※面談により意思確認ができる場合は不要です)。
・郵送料実費

※公正証書の作成には、当事者が個人の場合には実印と印鑑証明書等、法人の場合には代表者の資格証明書と代表印の印鑑証明書等が必要になりますが、これらについてはご依頼者様にご用意頂きます。詳しくはこちらのページをご覧頂下さい。


公正証書作成の費用例

【事例】
目的額が100万円の債務弁済契約公正証書をご希望で、公証役場への代理出頭(1名)を依頼される場合。
※当事者は貸主と借主の2名とし、当事者の一方が公証役場へ出頭できる場合です。

  • お申込み時にお支払い頂く費用(税込)
    ・行政書士報酬 30,000円
    ・代理人費用  15,000円(1名分)
  • 公証役場出頭前日までにお支払い頂く費用(公証役場手数料
    ・公証人手数料   5,000円
    ・正本・謄本費用  6,000円
    ・送達料(証明付) 3,300円 
    ・郵送料(切手代)  実費
    ・印紙代金     1,000円

  合 計   60,300円+郵送料


収入印紙について

契約書・公正証書には目的の額に応じて収入印紙を貼付しなければなりません。
印紙税額については次の表をご覧ください。
なお、契約書(私文書)の場合は、原則として作成した文書すべてに、また公正証書の場合は原本一部に貼付します。
※印紙貼付についてはこちらをご覧下さい。

【印紙税額表】

目的の額印紙額
・1万円未満非課税
・10万円以下200円
・10万円を超え50万円以下400円
・50万円を超え100万円以下1千円
・100万円を超え500万円以下2千円
・500万円を超え1千万円以下1万円
・1千万円を超え5千万円以下2万円
・5千万円を超え1億円以下6万円
・1億円を超え5億円以下10万円
・5億円を超え10億円以下20万円
・10億円を超え50億円以下40万円
・50億円を超えるもの60万円
・契約金額の記載のないもの200円


契約書や公正証書作成の流れについてはこちらをご覧ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらをご覧ください。


powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional