電子定款作成・認証代行サポート|合同会社の電子定款作成|合同会社の設立をサポートいたします。|札幌市 行政書士 菊地法務事務所

合同会社の電子定款作成

合同会社の電子定款作成代行の流れ

合同会社電子定款作成から納品までの基本的な流れをご説明いたします。

なお、行政書士には、犯罪収益移転防止法により、会社を設立される方の本人確認義務があるため、事案によっては書類の納品方法を限定させて頂く場合があります。

犯罪収益移転防止法によるご本人確認については、こちらのページをご覧ください。


合同会社は、定款認証手続きが不要です。

合同会社等の持分会社は、公証役場での定款認証手続きが不要なため、次の流れとなります。


1、定款案をwordファイル形式により弊所へメール送付していただきます。

※ご用意いただく定款は、お客様によって、あらかじめ法務局等で内容確認を行って頂く必要があります。

      手続き・代行の流れ  

2、社員になる方(出資者)の印鑑証明書を当事務所へFAX等で送付していただき
  ます。

      手続き・代行の流れ

3、ご依頼者様の本人確認ができる証明書(印鑑証明書・運転免許証・健康保険証
  等)を当事務所までFAXまたは郵送で送っていいただきます。
  郵送の場合は、証明書のコピーをご送付ください。

      手続き・代行の流れ

4、お客様から頂いた定款案をPDF化し電子署名を行い、原始定款を作成します。
 (原始定款とは、会社設立に際して作成する定款のことです。)

      手続き・代行の流れ

5、作成した電子定款をお客様に納品いたします。
  合同会社の場合、電子定款の納品は次のいずれかをご選択いただきます。

  • メール納品
    電子署名を付した定款データをメールに添付して納品いたします。
    (必ずバックアップをとって下さい。)
    ※メール納品は、対面によってご依頼者様の本人確認ができる場合のみ対応いたします。
  • 直接の手渡し又は郵送納品
    ※郵送の場合はレターパックプラスよる納品となります(費用別途)。

【納品物】

 ・電子定款が収納されたCD-ROM 1枚

 ・電子定款の謄本(署名済みの電子定款を印刷したもの)1通

※郵送先は、ご依頼者様から頂いた本人確認書面(運転免許証・印鑑証明書等)に記載されたご住所となります。




powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional